川崎設備工業株式会社
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

 
特許第5606716号
実験動物用飼育ケージ換気システム
特許第5377902号
個別換気飼育ケージ・ユニット(SCS・スーパーコンフォートシステム)
特許第5325414号
防錆除湿装置及びシステム
特許第5181161号
ドラム缶状のカラム装置
特許第4448558号
空気清浄装置
 
 
名称
実験動物用飼育ケージ換気システム
特許登録日
平成26年9月5日
特許番号
特許第5606716号
課題内容
送風機から送られる風量を均等に配分することで、実験動物の飼育及び保育に適した安定した換気圧力と風量を備えた換気飼育ケージユニットにおける換気システムを得ることにある。
解決手段
実験動物に飼育用の個別設置のケージ・ユニットにおける、該ケージ・ユニットへ送風する送風装置からの送風システムにおいて、送風装置を地上設置とし、該送風機からの送気路を前記ケージ・ユニット両側に設けた給気筒へ送ると共に、該ケージ・ユニット内はケージが収容される飼育ケージ室であって、該飼育ケージ室は段階状になっており、各階の該飼育ケージ室には、給気筒に送風孔が設けられてると共に各飼育ケージ室の底部に排気孔が備えられており、順次排気される換気飼育ケージ・ユニットにおける換気システムを提供する。
利用分野
供給用外気への殺菌手段を備えた実験動物の飼育用等に使用される換気飼育ケージユニットの換気システムに関する。
発明の効果 ケージ・ユニットに対して、均等に安定した換気をすることが可能となり、実験動物の管理が容易となり成長を保障することができるようになった。更に、風量・風圧が均等にできるので、制御が簡単となり、ケージユニットの飼育動物にとって、全体の管理が容易に統括でき、且つ温度制御も簡単となる。
 
名称
個別換気飼育ケージ・ユニット(SCS・スーパーコンフォートシステム)
特許登録日
平成25年10月4日
特許番号
特許第5377902号
課題内容
従来実験動物の飼育装置においては、換気用の送風機を管路を含めた風量制御が難しく、そのために、コストのかかるモータによる回転制御方式が主流であった。即ち、従来送風機から送られる風量を調整するダンパー等が、送風機から吐出される後で、昇圧空気を調整するために、直でないために比較的長い管路を要することで生じていた脈動現象を生じることがあったのである。
解決手段
上記課題を解決するために、 実験動物に飼育用の個別設置のケージ・ユニットにおいて、各ケージ・ユニットへ送風する送風機の吐出口側に風量調整用の制御装置を設け、該制御装置は、吐出口に対して、直角に横断するように設けられ、該吐出口を閉塞又は開口するように作動する制御装置を備え個別換気飼育ケージ・ユニットを提供する。
利用分野
供給用外気への殺菌手段を備えた実験動物の飼育用等に使用される個別換気飼育ケージユニットに関する。
発明の効果 ケージ・ユニットに対して、安定した換気をすることが可能となり、実験動物の成長を保障することができるようになった。特に、送風機内で直に風量調整が可能となったので、管路を含めた脈動現象の防止を考慮する必要がなくなり、風量の安定性が増したのである。
更に、風量制御が簡単にできるため、飼育動物にとって、温度制御も容易となる。
 
名称
防錆除湿装置及びシステム
特許登録日
平成25年7月26日
特許番号
特許第5325414号
課題内容
空港を海側に設ける場合に、土による埋め立てに代わり、ユニット函を複数連結して桟橋状として構成することが考えられるが、鋼製とすると錆が発生するので防錆が重要となり又外部表面の温度と、例えば海面に接する場合その内部の温度膨張の差により、橋梁全体に大きな応力が掛かることを防止する装置が提案されているが、その内部の点検等をする場合、作業者の環境保全に寄与できるものを提供する。
解決手段
室内の湿気を防ぐことで防錆をする防錆除湿装置において、室内の圧力と外気圧との差圧による歪や破損を防止するために除湿機の室内空気吸込み口と該除湿機の入り口側に圧力均衡システムを設け、且つ換気用管路を備えた防錆除湿装置である。
利用分野
例えば、橋梁を構成するユニット函内の室等の改善された防錆除湿装置及びシステムに関するものである。
発明の効果 本発明の防湿システムにおいては、点検時等において、既存の防錆除湿装置又は防錆除湿システムの装置に大規模な改良を加えることなく、簡易に換気(外気)をすることができ、作業者の環境保全に貢献できる利点が図られる。
 
名称
ドラム缶状のカラム装置
特許登録日
平成25年1月25日
特許番号
特許第5181161号
課題内容
装置自体が小規模で多量に処理でき、更には機構が易しく、コスト安で操作が容易な回転乾燥装置の提供。
解決手段
ドラムを載置させ且つ回動を自在とさせる被駆動ローラ201と、該ローラを駆動させる駆動ローラ30と、該駆動ローラ両側の前記被駆動ローラを駆動させる伝達手段を備えたドラム状の缶カラム装置であって、伝達手段は単一の駆動被駆動ローラにより上下及び水平方向への駆動を行うようにして、多数のドラムを同時に回転させる。
利用分野
例えば、茶(種子・粒状物質)等を入れて乾燥のために回転させるドラム状の缶カラム装置に関するものである。
発明の効果 本発明のドラム状の缶カラム装置は、複数のドラム缶を駆動することが出来、又コストの廉価な装置が得られる。
 
名称
空気清浄装置
特許登録日
平成22年1月29日
特許番号
特許第4448558号
課題内容
従来空気清浄装置においては、充分に殺菌・脱臭を行えず、また有人無人に応じた殺菌・脱臭も行えなかった。
解決手段
室内を殺菌・脱臭をする為に紫外線並びに光触媒励起用ランプと光触媒、オゾン発生器及びオゾン分解触媒装置を備え、該オゾン分解触媒装置には、その流路を開閉する部材を設けたもので、有人無人に応じて、前記流路を開閉し、切換制御手段によって、室内を殺菌・脱臭するものである。
利用分野
殺菌・脱臭手段を備えた空気清浄装置に関する。更に詳細には、病院等の医療施設や食品製造施設における殺菌・脱臭手段を備えた空気清浄装置に関する。
発明の効果 有人又は無人時に応じて、空気清浄装置を、殺菌・脱臭用に切り換える為の切換制御手段と、紫外線ランプ等を初めオゾン発生器、オゾン分解触媒装置からなる殺菌・脱臭手段を備えたので、室内それに伴う流路等の空気の殺菌・脱臭の処理を必要に応じて十分に行えるものとなり、有人や無人に対応して、殺菌・脱臭を必要且つ十分に行えるものとなった。
 
PAGE TOP